【端末セールあり】OCNモバイルONEの新プランは4/1開始|1GBが税込770円から利用可能!

OCNモバイルONE新プラン格安SIM

2021年4月1日から格安SIM会社である、OCNモバイルONEの新プランが開始されます。

本記事では、OCNモバイルONE新プランの詳細について、メリット・デメリットを含めてご紹介します。

筆者自身も、現在OCNモバイルONEを契約していて、回線スピードにも満足していましたが、他のMVNO各社の値下げにより、OCNモバイルONEの割高感が出てきてしまっている状況でした。

今回、OCNモバイルONEは、音声SIMでかなり大きな値下げをしているので、非常に魅力のあるプランとなりました。しかも、新プランの発表にあわせて端末セールを予定しており、MNP転出手数料が各社無料になるタイミングなので、かなり注目だと感じています。

OCNモバイルONEの特徴

OCNモバイルONE概要

OCN モバイル ONE
提供会社NTTコミュニケーションズ
サービス名称OCNモバイルONE
回線ドコモ
端末販売あり
光回線あり

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが提供する格安SIMです。OCNブランドは元々国内最大級規模のインターネットサービスプロバイダ事業の名称です。

インターネットサービスプロバイダからMVNOへ事業展開しました。

OCNモバイルONEの特徴

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEの特徴を簡単にお伝えします。

まず、OCNモバイルONEの魅力は、安定した回線速度です。

MVNOの中で、OCNモバイルONEは、UQモバイルやワイモバイルについで、比較的通信速度が速い格安SIMを提供しています。

MM総研2020年10月MVNO品質調査docomo回線通信品質二期連続総合1位
引用元;OCNモバイルONE

ちなみに運営はNTTグループのNTTコミュニケーションズですが、ドコモのサブブランドなどではありません。

次に、同じくNTTグループのNTTレゾナントが運営する「gooSimseller(グーシムセラー)」が非常に安い価格で格安SIMを販売しています。

OCNモバイルONEの端末セット申し込みをすると、「1円」で購入できる端末も多くあるのが特徴です。

OCNモバイルONEの特徴
  • 独立系MVNOでNTTコミュニケーションズがサービス提供
  • UQモバイル、ワイモバイルについで比較的通信速度が速い
  • gooSimseller(グーシムセラー)による格安スマホの端末セット申し込みが魅力
公式サイトで1円端末をチェックする

\4月1日から新プラン発表を記念した大特価セール/

OCNモバイルの手数料

OCNモバイルは、初期費用として、以下の費用がかかります。

  • 初期手数料:3,300円(税込)※Amazonなどのパッケージを購入すると初期手数料はかかりません。
  • SIMカード手配料:433円(税込)

SIM手数料、最低利用期間・解約違約金、MNP転出料は以下のとおりです。

SIM変更手数料音声SIM3,300円
SMS・データSIM1,980円
MNP転出料3,300円(3/31まで)
最低利用期間なし
解約違約金なし

OCNモバイルONEの新プラン詳細について

 さて、ここからは新プランについてご紹介していきます。

新プランは2021年4月1日スタート

まず、OCNモバイルONEの新プラン開始は、2021年4月1日です。

また、現在契約しているユーザーは、申し込み不要で新料金に移行します。

少しわかりにくいのですが、現行プランが「新コース」と呼ばれる名称で、「新コース」の既存契約ユーザーは、申し込み不要で新料金に移行するとされています。

OCNモバイルONE新コース(旧プラン)
OCNモバイルONEの「新コース」(現行)

例えば、筆者は今「音声SIMの1GBプラン」を契約していて、月額1,298円(税込)を支払っていますが、2021年4月1日から新プランの料金が適用されます。

新プランが始まったのを知らなくても料金が安くなるので、非常に親切な対応です。

新プランのポイント
  • 新プランの開始は2021年4月1日
  • すでに契約済みのユーザーは申し込み不要で新料金へ

最低利用期間なしで月額770円(税込)

OCNモバイルONE新プラン

こちらが新プランの料金表です。

新プランの料金表(料金は全て税込)|タップすると拡大できます

音声SIMで比べると、旧プランから大幅な値下げがされています。

かけ放題オプションは、現行とおなじく3種類から選ぶことができます。(オプションなしももちろん可能です。)

なお、新プランの申し込み受付開始にあわせて、データ容量20GBと30GBプランの新規申し込みは3月31日で終了します。既存の契約ユーザーは引き続き利用できます。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

注意点としては、もしOCNモバイルONEの20GB、30GBのプランに加入している人は、これを機に乗り換えを検討しましょう。容量に対して、支払っている金額が多いです。

OCNモバイルONEは、中容量から大容量のユーザーをターゲットにするのをやめ、低容量から中容量ユーザー(特に低容量)により注力するかたちになりました。

他の目玉としては、解約手数料、MNP転出手数料がかからなくなったことです。これは、他のキャリア・格安SIM会社も同様に、2021年4月1日からガイドライン変更にあわせて、MNP転出手数料を無料としています。

新プランのポイント
  • 音声SIMの最低料金が1GB770円と値下げ
  • 2021年4月1日からMNP転出手数料が無料化
  • 旧プランから引き続きOCN光モバイル割で毎月220円割引
  • 20GB、30GBユーザーは他社に乗り換えがおすすめ

専用の電話アプリが不要で国内通話11円(税込)/30秒

OCNモバイルONEは、現状2つのアプリを利用する必要があります。

  • OCNモバイルONEアプリ
  • OCNでんわアプリ

これまでも、OCNモバイルONEの国内通話料金は税込11円/30秒でしたが、それには発信時に「OCNでんわ」アプリを利用する必要がありました。アプリを使わないと税込22円/30秒と2倍の金額を支払う必要がありました。

しかし、今回、新プランの開始で「OCNでんわ」アプリが不要で、通常の電話アプリを利用しても税込11円/30秒となる予定です。

新プランのポイント
  • OCNでんわアプリを使わなくても国内通話が安い
  • 専用アプリ不要で税込11円/30秒になるのは、2021年4月7日以降

OCN光モバイル割で毎月220円(税込)割引

引用元:OCN光

現行のプランでも、OCN光を申し込んでいるユーザーには、「OCN光モバイル割」として、月額税込220円が割引されています。

今回新プランの値下げがありましたが、引き続きOCN光モバイル割引を受けることができます。

OCN光モバイル割引後の価格|タップすると拡大できます

もし、OCN光にすでに加入しているのであれば、OCNモバイルONEが他の格安SIM会社と比較して、最安になるので、格安SIMで迷っているなら非常におすすめです。

OCNモバイルONEの新旧プラン比較

新旧比較

OCNモバイルONEの新旧プランの料金比較はこちらです。

1GBプランの値下げ率は大きく、528円の値下げで40%の値下げとなりました。

OCNモバイル新旧プラン比較
タップすると拡大できます

こう見ると、音声SIMを大きく値下げしていることが分かります。

MVNO、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルとの比較

基本料金の比較

他のMVNO、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルと比較してみましょう。

1GBでは楽天モバイル(1回線のみ)が0円で最安です。

ちなみに、楽天モバイルは比較するまでもなく、「買い」です。

特に比較する必要もないくらい、回線を持つことにデメリットはありません。全く使用しなくても、SPU(楽天市場で購入したときのポイント還元)が追加されるメリットがあるので、持っているだけでお得です。

>楽天モバイル

※楽天モバイルは、楽天回線エリアではない場合、3GB以上の利用は料金が跳ね上がってしまうため控えましょう。しかもパートナー回線エリアは5GBを超えると低速となってしまうので注意が必要です。

さて、もう一度低容量での比較をすると、OCNモバイルONEが基本料では、最安となっています。容量が少し違いますが、IIJmio(みおふぉん)もかなり低価格です。

ワイモバイル、UQモバイルは、基本料金だけではOCNモバイルONEよりも、かなり高額です。

音声SIMOCN
モバイル
IIJmioBIGLOBE
モバイル
イオン
モバイル
mineoワイモバイルUQモバイル楽天モバイル
1GB770円1,078円1,078円1,298円0円
2GB858円1,188円1,078円
3GB990円1,320円1,298円2,178円1,628円1,078円
4GB1,078円1,408円2,178円
5GB1,518円1,518円2,178円
6GB1,320円1,870円1,628円2,178円
手数料3,733円3,733円3,733円3,300円3,740円3,300円3,300円0円

割引

格安SIMは、基本料金とあわせて割引プランやキャンペーンを確認しておきましょう。

  • OCNモバイルONE
    • OCN光モバイル割で月額220円割引:割引後の最安価格550円
  • IIJmio
    • IIJmioひかりとセットで月額660円:割引後の最安価格258円
  • BIGLOBEモバイル
    • ビッグローブ光利用時月額220円割引 or BIGLOBE家族割適用時月額220円割引
    • エンタメフリー(Youtube、ABEMA、Apple Musicなど)が6ヶ月無料
  • ワイモバイル
    • 家族割もしくは固定回線割引月額1,188円:割引後の最安価格990円
  • UQモバイル
    • 学割で8ヶ月間、月額638円割引、12ヶ月間、月額1,738円割引:割引後の最安価格990円(なお、Mプランだと12ヶ月間の割引で月額990円なのでとてもおトク)

キャンペーン

キャンペーンは、常に変動していますので、各公式サイトでご確認ください。

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

メリット|安い・速い・セットがお得

OCNモバイルのメリットは、以下の3点です。

OCNモバイルONEのメリット
  • 低容量が圧倒的に安いこと
  • 回線速度が安定していて比較的高速なこと
  • 端末セット購入がめちゃくちゃお得

おなじく、非常に月額料金が安いIIJmioは、混雑時の回線速度が低下するという評判がありますので、回線速度・料金の面からも、MVNOではOCNモバイルONEが最も魅力的といえます。

また、低速モードはアプリで切り替えることができて、契約データの容量の半分まで低速で使うことができます。なお、低速モードの速度は、最大240kbpsです。

公式サイトで1円端末をチェックする

\4月1日から新プラン発表を記念した大特価セール/

デメリット|即解約でブラックリスト入りに注意・中容量以上は対応なし

OCNモバイルONEのデメリットは以下の●点です。

OCNモバイルONEのデメリット
  • 端末セット購入をして、即解約するとブラックリスト(再申し込みでキャンセルとなる)に入る恐れがある
  • 10GB以上の中容量〜大容量プランがない
  • 低速通信モードには上限がある
  • サポートの店舗がない
  • 無料の公衆無線LANが2021年5月31日廃止
  • 端末によっては配送に時間がかかることがある
  • OCNのよくわからないメールアドレスが割り当てられる

端末セット購入が格安となっている分、申し込んで即解約するユーザーは、転売目的とみなされ、ブラックリストに入る可能性があります。

あまりの短期解約はデメリットが大きいので、やめておきましょう。

今回の新プランは、低容量にターゲットを絞る狙いがあるため、中容量以上のプランはなくなりました。中容量以上は、ahamoや楽天モバイルで代用しましょう。

筆者の場合、OCNモバイルONEで、Xiaomi Redmi Note 9Sを購入しましたが、注文から発送まで約2週間かかりました。

また、設定時にXXXXXX@sage.ocn.ne.jpのようなメールアドレスを取得したのですが、全く不要でむしろ管理したくないなと思いました。

ただ、デメリットとしてはそれほど大きくありません。

まとめ|OCNモバイルONEがおすすめな人

新規・乗り換えであれば端末セットを利用した方がお得

OCNモバイルONEがおすすめな人は、「端末セット購入」を考えている人です。

キャッシュバックなどのキャンペーンがない分、端末とのセット購入をすることがOCNモバイルONEのメリットを享受できるといえます。(もちろんSIMだけでも低価格なので十分お得です。)

楽天モバイルを申し込む予定だけど対応端末がない人

楽天モバイルの申し込みを考えている人は、

OCNモバイルONEをサブもしくはメインで利用する

とメリット非常に大きいです。

なぜなら、楽天モバイルはデータ無制限で使用できるのですが、まだまだ通信エリアに不安を抱えています。そこで、OCNモバイルONEで購入した端末に、楽天モバイルとOCNモバイルONEのSIMを2つ入れることで、いざという時はOCNモバイルONEの電波を使うようにすれば、電波が届かない心配をする必要がなくなります。

パターン1)楽天モバイル(メイン)+OCNモバイルONE(サブ)の場合、

基本料金:1年目770円、2年目以降最大でも4000円程度

  • 楽天モバイル データ無制限・3,278円(ただしキャンペーンで1年間無料)
  • OCNモバイルONE 1GB・770円

パターン2)楽天モバイル(サブ)+OCNモバイルONE(メイン)の場合、

基本料金:1年目990円、2年目以降も990円

  • OCNモバイルONE 3GB・990円
  • 楽天モバイル1GB・0円

さらに理由としては、現在楽天モバイルの端末在庫がとても少ないことがあります。

楽天モバイルは、Rakuten Handなどのお得な端末セットキャンペーンを実施中ですが、端末セットキャンペーンの意味がないほど、在庫切れだらけです。

このままでは、「楽天モバイルに契約したけど、対応の端末がない!」という状況が想定されます。

解決策としては、

  1. 楽天モバイルで新規orMNPでSIMだけで申し込む
  2. OCNモバイルONEで楽天モバイル対応の端末をセット購入する
  3. 端末に楽天モバイル・OCNモバイルを挿入して使う

という方法です。

なお、端末の条件としては2つあります。

  • 端末が楽天モバイル対応
  • DSDV(2つのSIMを挿して使える)

4月1日11時から「goo Simseller」でセール

 今回の新プランの発表にあわせて「goo Simseller(グーシムセラー)」において、新プラン発表を記念した大特価セールが4月1日11時~16日11時まで開催される予定です。

 「Redmi 9T」や「OPPO Reno A」など合計5機種を1円で販売する、という情報が出ていますので、見逃さないようにしましょう。

なお、セールの詳細は、4月1日11時に発表されます。

>>セールが始まれば、OCN モバイル ONEの端末情報についてまとめる予定です。セールで安くなっている端末を見逃さないようにしましょう。

>>新料金記念特価セール情報はこちら

2021年4月1日からMNP転出手数料が無料化

2021年4月1日から乗り換えにかかる費用が安くなっています。

総務省のガイドライン変更により、ドコモ、auをはじめとした携帯キャリアや、MVNOは各社MNP転出手数料を「無料」に変更しています。

特に、ガイドラインが変更される4月1日にあわせて、多くの通信会社で無料化されます。

つまり、乗り換えの費用が安くなるので乗り換えのチャンスとなります。

公式サイトで1円端末をチェックする

\4月1日から新プラン発表を記念した大特価セール/