【AQUOS sense3 liteレビュー】楽天モバイルキャンペーンで購入可能!Felica対応の格安スマホ

Aquos sense 3lite格安スマホ

こんにちは楽マニおじさん(@raku_mani)です

先日、 楽天モバイルのキャンペーンにのせられて、これまで使っていたUMIDIGI F1に加えて、サブの端末として、シャープのAQUOS sense3 liteを購入しました。

楽天モバイルのキャンペーンでスマホをセット購入して、ポイント還元を入れると実質数百円ほどで購入できると分かったためです。

今回は、楽天モバイルで購入したAQUOS sense3 liteの性能;詳細スペックや、実際に使ってみた使用感をレビューしたいと思います。なお、購入日は2020年7月29日ですので、およそ半年ほど使用しています。

また、最後に在庫情報についても記載しております。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

筆者はiPhone5からNexus 5に切り替えて以来、ずっとAndroidユーザーです。ASUS、Huawei、Umidigiなどの中華系格安スマホが大好きです。今回は初めてのシャープ端末ということで楽しみにしていました。(しかも前評判も結構よかった)早速いってみましょう。

この記事を書いた人
楽マニおじさん

はじめまして!サイト管理人の楽マニおじさんです。
格安SIM・楽天経済圏・資産運用などについて、実体験や調査を元に記事にしています。ネットのお得情報、ライフハックなどをTwitterでメモ代わりにつぶやいています。

ぜひフォローお願いします!

AQUOS sense3 liteのスペック・仕様

AQUOS sense3 lite 概要

AQUOS sense3 (sense3 lite)は楽天モバイル、ドコモ、au、UQモバイルで発売された値段の割に比較的高性能で電池持ちがかなり良い防水・おサイフケータイ対応の格安スマホです。

引用元:シャープ

AQUOS sense3 liteは楽天モバイル用にAQUOS sense3から、カメラ機能を削ったモデルとなっています。基本性能はほぼ同じですが、カメラがシングルカメラになって超広角には対応していません。

大きさが、5.5インチで扱いやすく、落としても壊れにくい耐衝撃に対応しています。(米国国防総省が制定したMIL-STD-810H Method 516.8:Shock-ProcedureIVに準拠した規格において、高さ1.22mから鋼板に製品を26方向で落下させる試験を実施)

電池持ちがめちゃくちゃ良くて、バッテリー容量4,000Ahです。

価格は2万円台中盤で、セット購入キャンペーンで安く購入することができるのが特徴です。

楽天モバイルでは2021年3月現在、AQUOS sense3 liteを2万3619円(税込2万5980円)で販売しており、Rakuten UN-LIMITとのセット購入で、合計10,000円相当のポイント還元がもらえます。

AQUOS sense3 lite 詳細スペック

AQUOS sese3 lite
OSAndroid™ 9 Pie
CPUQualcomm® Snapdragon™ 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド)
RAM4GB
ROM64GB
Antutu115,766
ディスプレイ5.5インチ / IGZO
解像度2160×1080 Full HD+、画面比率18:9
カメラアウトカメラ:1200万画素(F値2.0)
インカメラ:800万画素数(F値2.2)
電池容量4000mAh
サイズ約147 x 70 x 8.9mm
重さ約166グラム
連続待受約910時間
充電時間約170分
外部接続USB Type-C
イヤホンマイク端子
防水(お風呂対応)/ 防塵IPX5/IPX8(○)/ IP6X
おサイフケータイ/NFC〇/〇
生体認証指紋認証、顔認証
本体カラーソフトピンク(au版限定)、シルバーホワイト、ライトカッパー、ブラック、ディープピンク(ドコモ版限定)
楽天モバイル販売価格23,619円(税込25,980円)

AQUOS sense3 liteの特徴としては、こちらの4点が大きい特徴です。

AQUOS sense3 liteの特徴
  • ディスプレイが5.5インチで片手で持ちやすいサイズ感
  • 防水・防塵・耐衝撃対応で丈夫なスマホ
  • Felica搭載でおサイフケータイ対応
  • CPUはSnapdragon630で普通スペック

プリインストールアプリ

  • AQUOS便
  • SHSHOW
  • iフィルター

この辺りは、シャープ端末なので、プリインストールされていると思われます。

  • 楽天サービス系のアプリ一式

こちらは、楽天モバイルなので、楽天のウェブサービス系のアプリが一式入っていました。

  • my楽天モバイル
  • Rakuten Link

楽天モバイルだと必須アプリになります。

そのほかだと、google系のアプリも一式インストールされていました。Google系は仕事でも個人でも使用するので、プリインストールされていると便利ですね。

AQUOS sense3 との違いはカメラ機能

uAQUOS sense3 liteレビュー

AQUOS sense3 liteとAQUOS sense3の違いはカメラ性能にあります。

AQUOS sense3は超広角カメラに対応していて、風景などで広角の写真を取ることができます。

それに対して、AQUOS sense3 liteは広角カメラを搭載しておらず、標準カメラのみです。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

カメラ性能については、めちゃくちゃ悪いというわけではありませんが、あまり期待しないほうが良いです。

AQUOS sense3 lite のレビュー

外観やデザイン

AQUOS sense3 liteレビュー

箱は白と青のカジュアルなデザインです。なんだかシャープっぽいですね。

充電用のACアダプター、USB-Type Cのケーブル、取扱説明書、楽天モバイルSIMで1セットです。

AQUOS sense3 liteは超急速充電に対応していて、最大27Wに対する専用充電器が付属しています。

なお、保護ケースや保護フィルムは付属していないので、別途用意が必要です。

AQUOS sense3 liteレビュー
背面デザイン

カラーはブラックです。背面は金属(メタルボディー)で、サラサラした感じの手触りです。指紋が目立たない感じや高級感もありよかったです。

側面デザイン(音量ボタン、電源ボタン)

音量ボタンはやや硬い印象を受けました。押すときに気持ち力を入れないといけません。

サイズ・重量感

サイズは5.5インチと手のひらサイズ。重量も166gと軽量です。

筆者はそれほど手が大きくないですが、片手で操作しやすい大きさでした。

女性でも操作しやすいサイズ・重量です。

以前使っていたHUAWEI nova liteとほぼ同じ大きさです。

操作感・使い勝手

AQUOS sense3 liteはSnapdragon 630というCPUを搭載していて、2020年、2021年で他の機種と比較すると若干古いのですが、結構サクサクです。

スクロールや操作している時に、サクサク動いてくれるのでストレスは特にないです。

画面がフリーズするということもほとんどありません。(起動時のロードは別)

Youtube、LINE、Facebook、インスタグラム、kindle、Amazon、楽天市場など様々なアプリを利用していますが、全くストレスなく使用できています。

筆者はスマホでゲームをしませんが、PUBGとかだと重くなるようです。

ちなみにAnTuTuの総合スコアは約10万点が平均的なスコアになっています。

良いところ1|Felica搭載でスマホ決済に対応

Felica搭載でおサイフケータイに対応している2万円台のスマホは珍しいので良い点です。

もちろんiPhoneやPixelなど高価格なスマホには当然のようについているFelicaですが、格安スマホでは、Felica搭載にするとその分コストが上がってしまうため、限られてくるのが現状です。

さすがは、シャープ製というところでしょうか。

きっちりFelica搭載になっています。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

愛用していたHuaweiやUMIDIGIはNFCには対応しているものの、Felica搭載ではなかったので、モバイルsuicaが使えず、悩みのタネでした。

今は、AQUOS sense3 liteでGoogle Payをインストールして、モバイルsuicaを含む電子マネーやクイックペイを登録しておいて、日頃の買い物は全てAQUOS sense 3liteで完結させています。

Felica搭載だと、クイックペイなどのスマホ決済をはじめ、EXアプリを利用することができるため、本当にラクになりました。

良いところ2|電池が超長持ち、テザリングも長時間可能

引用元:シャープ

AQUOS sense3 liteのバッテリー容量は4000Ahです。

iPhoneのバッテリー容量と比べると、容量の大きさは一目瞭然です。

モデル名バッテリー容量
iPhone61,810mAH
iPhone6 Plus2,915mAH
iPhone6s1,715mAH
iPhone6s Plus2,915mAH
iPhone SE1,624mAH
iPhone71,960mAH
iPhone7 Plus2,900mAH
iPhone81,821mAH
iPhone8 Plus2,675mAH
iPhone X2,716mAH
iPhone XS2,658mAH
iPhone XS Max3,174mAH
iPhone XR2,942mAH
iPhone113,110mAH
iPhone11 Pro3,046mAH
iPhone11 Pro Max3,969mAH
iPhone SE(第2世代)1,821mAH
iPhone12 mini2,227mAh
iPhone122,775mAh
iPhone12 Pro2,775mAh
iPhone12 Pro Max3,687mAh

iPhoneシリーズのどの機種よりもバッテリー容量が大きいです。

試しに1日何もせずに放置しておきましたが、ほとんどバッテリーは減っていませんでした。

使い方によっては、1週間も充電でずに使うことが可能という優秀さです。

テザリングをしながらの長時間の外出でも充電が切れることがありませんでした。

その他ちょっとした便利機能がいくつかある

ちょっとした便利機能がいくつかありました。

  • Clip Nowでスクリーンショットが簡単(ディスプレイ横や縦になぞるだけ)
  • スクロールオート機能付き(自動で下や上にスクロールしてくれる)
  • カメラアプリでQRコードアプリも起動できる(QRアプリを取る必要なし)
  • IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵に対応(よく風呂場に持って入る)

悪いところ1|指紋認証・指紋認証の場所

残念なところとして、指紋認証がよろしくないです。

端末自体の指紋認証の精度もやや悪い気がします。

ただ、再登録をするとマシになりました。なので、指紋認証がうまくいかない方は、一度指紋の登録をやり直すことをお勧めします。

指紋認証のコツ
  • 指を普段の綺麗な状態で登録する
  • 指の傷に注意する
  • 普段通りの指紋の重ね方にする

筆者は、上記のポイントに注意して、再登録したらかなり改善されました。

それに対して、指紋認証の場所はどうにもできません。

写真のように、AQUOS sense3 liteの指紋センサーは、Androidのホームボタンに近い場所にあります。そのため、アプリで指紋認証が必要なときに、ホームボタンに触れてしまって戻ってしまう、ということが結構な頻度でありました。

決定的ではありませんが、小さなストレスがたまります。

悪いところ2|カメラ性能はあまりよくない

カメラ性能は期待できません。

メインカメラが標準カメラで1200万画素のみですので、仕方ありません。

楽天モバイル限定モデルでなければ、広角カメラがついているので、多少マシではありますが、そもそものスペック的に写真を撮るヘビーユーザー向けに作られていませんし、メーカー側もそれほど推していません。

実際にAQUOS sense3 liteで撮影
実際にAQUOS sense3 liteで撮影
実際にAQUOS sense3 liteで撮影

食べ物だけ若干色鮮やかな印象がありますが、風景や物だと他のスマホに見劣りします。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

低価格のミドルスペックスマホなので、カメラ精度は期待せずに購入しましょう。

悪いところ3|スマホの起動時にある画面でフリーズしている

これは、筆者のAQUOS sense3 liteだけかもしれませんが、SIMカードを抜き挿しした起動時にフリーズもしくは起動待ちの時間が10秒ほどあります。

ボタンを押しても、次に進まないために心配になります。

ゲームなどで例えると、「ロード中」のような状態です。

悪いところ|SIMスロットが1つしかない

AQUOS sense3 ilteの最大の弱点(気にならない人は気にならない)は、シングルSIMでSIMが一つしか挿入できないことです。

たとえば、楽天モバイルのSIMを入れつつ、他のMVNOのSIMも入れるということができません。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

SIMなんて1枚でいいでしょ。2枚も使い分けるなんて不便、という方には全くデメリットではないので気にしなくて大丈夫です。

全体感・総合満足度

全体感としては、この価格帯(2万円〜3万円)の格安スマホの中では、かなり優秀で満足度が高いスマホです。

やはりAQUOS sense3 liteに期待するのは、驚異的なバッテリーの持ちと、Felica搭載で手に馴染むちょうど良いコンパクトなサイズ感だと思います。

今購入するならAQUOS sense4 liteがおすすめ

なお、2021年3月時点では、後継機であるAQUOS sense4 liteが販売されているので、現時点で購入するとすれば、AQUOS sense4 liteの方をおすすめします。

AQUOS sense4 lite
  • AQUOS sense3 liteの後継機
  • カメラ性能が向上(シングルカメラ→デュアルカメラ)
  • プロセッサの向上(Snapdoragon630→Snapdragon720G)
  • バッテリー強化(4000mAh→4,570mAh)
  • nano SIM/eSIM対応(二つのSIMを使える)

ご覧のとおり、AQUOS sense3 liteの使用感でイマイチと感じたところが全て改善されていました。

あとは、楽天モバイルでの価格ですが、実質価格は2,000円弱した違いがありません。

あえてAQUOS senes3 liteを購入する必要は全くないので、AQUOS sense4 liteを購入するのが良いです。

AQUOS sense4 lite
機種名AQUOS sense3 liteAQUOS sense4 lite
価格25,9800円32,800円
ポイント還元
(セット購入時)
10,000円相当15,000円相当
実質価格15,980円17,800円

AQUOS sense3 liteで最初にやっておくべき4つの設定

AQUOS sense3 liteを開封して楽天モバイルを開通したら、下記の設定を済ませておくと便利です。

  • 指紋認証と顔認証
  • ディスプレイの点灯時間の変更
  • ナビゲーションキーでジェスチャーも使うの設定
  • Clip Now(スクリーンショット)機能をON

Rakuten UN-LIMITは1年間基本料無料でセット購入だと高額ポイント還元

楽天モバイルでAQUOS sense3 liteを購入して、申し込むと先着300万人までは1年間基本料が無料になります。また端末とのセット購入により、通常の5,000ポイント還元に加えて、端末購入のポイント還元を受けることができます。

なお、1年間の基本料無料キャンペーンは、終了が2021年4月7日となっています。(購入を検討している場合はお早めに)

他にも 楽天モバイルは多くのキャンペーンを実施中です。

ぜひ公式サイトで詳細を確認してみてください。

また、楽天モバイルのキャンペーンについてより詳しく知りたい方は、【2021年3月最新】楽天モバイルのキャンペーン|1年無料キャンペーンは4月7日に終了確定!を参考にしてみてください。

AQUOS sense3 lite・AQUOS sense4 liteの在庫状況

楽天モバイルで販売されている端末の在庫状況について、まとめています。

在庫切れとなっている場合も、購入画面でみると在庫が復活しているケースもあり、注意が必要です。

>>【3/19更新】楽天モバイル販売端末の在庫情報|Rakuten Hand、Rakuten Miniなど22種類