サマリーポケットを使って分かった正直な感想|メリット・デメリットを合わせて解説|クーポン付き

サマリーポケットの感想住まい・引越し

「箱につめて送るだけ」というキャッチフレーズで話題のサマリーポケット

サマリーポケットはスマホで簡単に荷物を預けて管理することができるスマホ収納サービスです。

この記事では、サマリーポケットを初めて使ってみた感想を紹介しています。

結論からいうと、とても便利でこれからも使い続けたいサービスですが、使う中で感じた改善してほしい点やデメリットについても正直に書いていきますので、参考になるかと思います。

サマリーポケット公式サイトはこちら

  1. サマリーポケットについて
  2. サマリーポケットの使い方 申し込み〜荷物の取り出し方まで
  3. サマリーポケットの特徴
  4. プラン・料金・ボックスの大きさ
    1. ボックスの大きさ
  5. サマリーポケットのメリット・良かった点|10個
    1. メリット1|スマホで簡単にダンボールを取り寄せができる
    2. メリット2|ダンボールを自分で準備しなくて良い
    3. メリット3|指定の時間に集荷に来てくれる
    4. メリット4|東京23区内であれば、早朝・深夜にも対応してくれる
    5. メリット5|全てスマホで通知が来るのでステータスが分かる
    6. メリット6|写真でスマホにアップしてくれる
    7. メリット7|アイテム単位で取り出しが可能
    8. メリット8|取り出し送付先は全国対応
    9. メリット9|トランクルーム大手の寺田倉庫に保管するため安心
    10. メリット10|オプション機能が充実している
  6. サマリーポケットのデメリット・欠点|6個
    1. デメリット1|預ける場所は指定できない
    2. デメリット2|自分で預けたものを取りに行けない
    3. デメリット3|取り出しには送料がかかる
    4. デメリット4|保管料・取り出し料が値上がりしている
    5. デメリット5|オプションのヤフオク出品には手数料がかかる
    6. デメリット6|大きい荷物を預けるのは無理
    7. デメリット7|スマホに預けたアイテムの写真が反映されるまで時間がかかる
  7. サマリーポケットの評判・口コミ
  8. よくある注意点
    1. 写真撮影は上限数が決まっています
    2. エコノミープランではオプションが使えない
    3. エコノミープランでは1点ずつの取り出しができない
    4. ブックスプランは無制限にデータ登録!ただし預ける箱が変われば料金もかかる
    5. 最低保管期間と早期取り出し料金
  9. サマリーポケットはおすすめか
  10. クーポン情報

サマリーポケットについて

運営会社株式会社サマリー
サービス開始2015年9月
配達地域全国(ヤマトの集荷範囲)
月額料金(税込)275円〜605円(1箱)
送料取り出し:352円〜1,320円
集荷:無料
サービスプランエコノミー
スタンダード
ブックス
箱の種類レギュラー
アパレル
ラージ
オプションサービスハンガー保管
衣類クリーニング
シューズメンテナンス
布団クリーニング
ラグ・マットクリーニング
おまかせヤフオク!出品
あんしんサポート

サマリーポケットの使い方 申し込み〜荷物の取り出し方まで

サマリーポケットの申し込み〜荷物の取り出し方までの流れはこちらです。

  1. アプリをダウンロードもしくはサマリーポケット公式サイトへ
  2. ボックス取り寄せ
  3. ボックスに荷物を詰める
  4. 集荷依頼
  5. アプリ内で荷物を管理
  6. ポケットから「荷物を取り出す」

サマリーポケットの特徴

サマリーポケットは、スマホから荷物を預けて、スマホで管理できるスマホ収納サービスです。

似たようなサービスとして、トランクルームがあります。違いは、トランクルームは、寺田倉庫やキュラーズなどが有名ですが、違いはスペース(広さ)を借りるのか、ダンボールの置く場所を借りるのかという点です。

寺田倉庫
引用元:寺田倉庫
キュラーズ
引用元:キュラーズ

通常トランクルームは、特定の場所のスペースを借りることでお金を払います。物を預けなくても料金は発生します。また、倉庫に自分で取りに行くことができるので都心に集中することが多いです。

それに対して、サマリーポケットは特定の場所を借りるのではなく、自分の物をダンボールで預かってもらうサービスです。収納場所は具体的には分かりません。また、自分で取りに行くことはできません。取り出すときは、スマホで取り出し依頼をします。

料金プランはスタンダード、エコノミー、ブックスの3種類です。

スタンダードとブックスのプランには、写真撮影のサービスが付きます。

またボックスの大きさは、レギュラー、アパレル、ラージの3種類があります。

プラン・料金・ボックスの大きさ

引用元:サマリーポケット

スタンダードプラン

  • 荷物を写真で1件ずつ管理
  • いつでも1点から取り出し可能
  • 限定のオプションサービスあり
レギュラーボックスアパレルボックスラージボックス
ボックスの大きさ幅43cm×奥行37cm×高さ33cm幅60cm×奥行38cm×高さ20cm幅68cm×奥行45cm×高さ37cm
保管料330円/ 1箱330円/ 1箱605円/ 1箱
取り出し送料
(全国一律)
1,100円/1箱1,100円1箱1,320円/1箱
アイテム単位の取り出し
(全国一律)
880円(〜80サイズ)
1,100円/梱包(〜120サイズ)
880円(〜80サイズ)
1,100円/梱包(〜120サイズ)
880円(〜80サイズ)
1,100円/梱包(〜120サイズ)
1,320円/梱包(〜160サイズ)
引用元:サマリーポケット
スタンダードプラン限定のオプションサービス
  • おまかせヤフオク出品
  • ハンガー保管
  • クリーニング
  • 布団クリーニング
  • ラグ・マットクリーニング
  • シューズクリーニング
  • あんしんサポート

ヤフオク出品や、クリーニング、シューズクリーニングやリペアなど多くのオプションが用意されており、長期保管も可能です。

エコノミープラン

  • 写真撮影なし
  • 箱ごとの管理
  • 275円から利用できる
レギュラーボックスラージボックス
ボックスの大きさ幅43cm×奥行37cm×高さ33cm幅68cm×奥行45cm×高さ37cm
保管料275円/ 1箱484円/ 1箱
取り出し送料1,100円/1箱1,320円/1箱

ブックスプラン

引用元:サマリーポケット
  • 写真撮影あり
  • 本を点数制限なしで、1点ずつ管理(ただし箱に入る上限数まで)
  • 重さによって配送方法が異なる
レギュラーボックスのみ
ボックスの大きさ幅45cm×奥行34cm×高さ23cm
保管料440円/ 1箱
ボックス取り出し送料1,100円/1箱
アイテム単位の取り出し
(1kg以上)
〜80サイズ 880円/梱包
〜120サイズ 1,100円/梱包
アイテム単位の取り出し
(1kg未満はゆうメール)
〜250g 352円/梱包
〜1kg 550円/梱包

ボックスの大きさ

レギュラー

レギュラーボックスの大きさは、高さ33cm、横43cm、奥行き37cmです。

DVDが約130枚も入り、A4ファイルが約60枚入る大きさです。通常の宅配ボックスにも入る大きさとなっています。

アパレル

アパレルボックスは、高さ20cm、横60cm、奥行き38cmの大きさです。

薄手のジャケットだと約10枚、Tシャツだと100枚ほど入ります。横長になっていて、洋服が入れやすくなっていますね。

ご覧のとおり冬用のブーツのようなかさばるものもスッポリ入ります。

ラージ

ラージボックスは、高さ37cm、横68cm、奥行き45cmとなっています。レギュラーボックスよりも、それぞれ高さ+4cm、横+8cm、奥行き+7cmと一回り大きめです。

アウターが20着ほど入る大きさで、布団なんかも入れることができます。

ブックス

ブックスボックスは、高さ23cm、横45cm、奥行き34cmです。マンガ本であれば、約85冊入れることができます。文庫本であれば、約130冊収納することができます。

筆者の場合は、ビジネス書がメインで48冊を収納することができました。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

ブックスプランのボックスは、思ったより多くの本を収納することができました。かなり重くなるので、持ち運びにはご注意ください。

サマリーポケットのメリット・良かった点|10個

ここからはサマリーポケットを使ってみて良かったと思う点について書いていきます。

メリット1|スマホで簡単にダンボールを取り寄せができる

アプリをインストールして、「預ける」メニューから「ボックス取り寄せ」で簡単に依頼することができます。

プランを選んでボックスの種類と数を入力するだけで非常に簡単にボックスを手配することができます。

メリット2|ダンボールを自分で準備しなくて良い

メリット1とも繋がっているのですが、ダンボール(ボックス)を自分で準備する必要がないので、手軽です。ボックスはしっかりした素材なので、安心して使用できます。

メリット3|指定の時間に集荷に来てくれる

ボックスに荷物を詰めたら、スマホで集荷を依頼することができます。先ほどのキャプチャの今度は、「集荷」で簡単に依頼できます。

ヤマト運輸が集荷できるエリアであれば全国どこでも集荷可能なので、自宅ではなくてもスマホに住所を入力するだけで集荷依頼ができます。

メリット4|東京23区内であれば、早朝・深夜にも対応してくれる

いざ集荷に来てくれても、通常の時間では、仕事に行っていて預けることができない、なんてこと多いですよね。

サマリーポケットの良いところは東京23区内であれば、早朝・深夜の時間帯でも集荷に来てくれるという点です。

引用元:サマリーポケット

忙しい社会人には、痒いところに手が届くサービスとなっています。

筆者は、会社が終わったあとの21-22時で集荷を依頼しました。

メリット5|全てスマホで通知が来るのでステータスが分かる

各ステップごとのステータスについては、都度アプリで通知が来ます。

いつボックスが届くのか、いつ集荷が来るのか、預けた荷物はどうなっているのか、などひと目で分かるようになっています。

このように、自分の荷物が今どのような状態が一目瞭然です。

メリット6|写真でスマホにアップしてくれる

サマリーポケットの大きなメリットは、預けたアイテムの写真をスマホで管理できるところです。

いざ荷物を預けたものの、時間がたてば何を預けたのか忘れてしまうなんてことも無くなります。

なおブックスプランは写真ではなく、バーコードで表紙が表示されます。

メリット7|アイテム単位で取り出しが可能

スタンダードプランとブックスプランなら、荷物をアイテム単位で管理できることから、取り出すときもアイテム単位で取り出しが可能です。ただし、取り出しごとに料金が発生するので、ご注意ください。

レギュラーボックスアパレルボックスラージボックス
ボックスの大きさ幅43cm×奥行37cm×高さ33cm幅60cm×奥行38cm×高さ20cm幅68cm×奥行45cm×高さ37cm
保管料330円/ 1箱330円/ 1箱605円/ 1箱
取り出し送料
(全国一律)
1,100円/1箱1,100円1箱1,320円/1箱
アイテム単位の取り出し
(全国一律)
880円(〜80サイズ)
1,100円/梱包(〜120サイズ)
880円(〜80サイズ)
1,100円/梱包(〜120サイズ)
880円(〜80サイズ)
1,100円/梱包(〜120サイズ)
1,320円/梱包(〜160サイズ)
スタンダードプランの料金体系
レギュラーボックスのみ
ボックスの大きさ幅45cm×奥行34cm×高さ23cm
保管料440円/ 1箱
ボックス取り出し送料1,100円/1箱
アイテム単位の取り出し
(1kg以上)
〜80サイズ 880円/梱包
〜120サイズ 1,100円/梱包
アイテム単位の取り出し
(1kg未満はゆうメール)
〜250g 352円/梱包
〜1kg 550円/梱包
ブックスプランの料金体系
楽マニおじさん
楽マニおじさん

ブックスプランの場合は、1kg未満はゆうメールで、1kg以上はヤマト運輸(宅急便)で配送されます。ヤマトの場合は、荷物のサイズで取り出し料が変わってきます。

メリット8|取り出し送付先は全国対応

集荷と同様に、取り出しの送付先も全国対応しています。

特に集荷の住所と送付先の住所が異なっていても大丈夫です。

引っ越しなどで便利な機能です。

  • レギュラーボックス取り出し料(全国一律):1,100円(税込)/1箱
  • アパレルボックス取り出し料(全国一律):1,100円(税込)/1箱
  • ラージボックス取り出し料(全国一律):1,320円(税込)/1箱

メリット9|トランクルーム大手の寺田倉庫に保管するため安心

サマリーポケットは、トランクルームの老舗企業である寺田倉庫と提携をしているため、荷物の保管は、寺田倉庫に保管しています。

寺田倉庫は、ワインや絵画などの保存が難しい物も預けることができるトランクルームとしても有名です。なので保管状態もしっかりしており安心できます。

なお、保存環境は、徹底した温度・湿度管理がされています。

保管温度:10~28℃ 保管湿度:40~65%

温度・湿度のコントロールを24時間365日(1日2回のチェック)実施し、カビの発生しにくい保管環境を常に保持されています。また入出庫の際の急激な気温の変化を避けるため、季節により温度・湿度を変更しているようです。

中には、セキュリティが心配という方もいらっしゃるかと思います。

サマリーポケットが提携する寺田倉庫では、有人管理、機械警備、各種防犯設備監視カメラ、人感センサー、外周セキュリティ等、多重のセキュリティシステムを組み合わせた高レベルのセキュリティシステムを採用されています。

専用保管庫において、出し入れが可能なのは専門スタッフしか立ち入ることはできません。

※情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)取得
※認証登録番号:IC04J0086

メリット10|オプション機能が充実している

サマリーポケットでは、預けた荷物をクリーニングにだしてくれたり、ハンガー保管してくれたりします。

また、ヤフオク出品を代行してくれます。

サマリーポケットのデメリット・欠点|6個

デメリット1|預ける場所は指定できない

サマリーポケットは、ボックスを預かってくれるサービスのため、具体的な保管場所は分かりません。

そのため、自分で預けた荷物を、取りに行くことはできません。

デメリット2|自分で預けたものを取りに行けない

上でも書きましたが、預ける場所を指定できないため、荷物を取りに行くことができません。

トランクルームは自分で取り出しに行けるのとは対照的ですね。

デメリット3|取り出しには送料がかかる

荷物の取り出しには送料がかかります。

また、ボックス単位ではなく、アイテム単位で取り出しをするとトータルの取り出し料は多めにかかります。

ですので、こまめにアイテムの出し入れをしていると、通常のトランクルームなどに比べて割高になる可能性もあります。

デメリット4|保管料・取り出し料が値上がりしている

サマリーポケットは2020年8月に料金を改定しています。比較的大きな値上げでした。

月額保管料の変更

改定前(税込)改定後(税込)値上げ率
スタンダードプラン
ラージボックス
550円605円10%増
エコノミープラン
ラージボックス
440円484円10%増

取り出し送料の変更

改定前(税込)改定後(税込)値上げ率
スタンダードプラン レギュラー/アパレルボックス814円880円〜1,100円 8%〜35%
スタンダードプラン ラージボックス1,001円1,100円10%
エコノミープラン レギュラーボックス814円1,100円35%
エコノミープラン ラージボックス1,001円1,320円32%
ブックスプラン ブックスボックス814円880円〜1,100円8%〜35%

保管料金はラージプランが10%の値上げ、取り出し送料は8%〜35%とかなり大きな値上げとなりました。

デメリット5|オプションのヤフオク出品には手数料がかかる

ヤフオク出品を代行してくれるのは非常に便利ですが、最低手数料が1500円と非常に高くなっています。

売った金額が1500円未満であれば全て手数料となります。

不用品を預けることが多いので、もしかするとあまり利用されないかもしれません。

デメリット6|大きい荷物を預けるのは無理

サマリーポケットは、ボックスに入る荷物を預けるのに適していますが、かさばる大きい荷物を預けるのには向いていません。

例えば、バイクやゴルフクラブ、スノーボードなどです。

大きい荷物は、トランクルームが向いています。

デメリット7|スマホに預けたアイテムの写真が反映されるまで時間がかかる

サマリーポケットのメリットは、預けている荷物をアイテム単位で写真や画像で確認できるところです。

しかし、アイテムの撮影は人力で行なっているので、荷物が倉庫に届いてから、すぐには反映されません。

アイテムの反映まで、少なくとも数日は要します。

サマリーポケットの評判・口コミ

Twitter などでサマリーポケットの評判や口コミを見ていきましょう。

よくある注意点

写真撮影は上限数が決まっています

スタンダードプランの場合、写真撮影サービスが付いてきますが、写真撮影は30点までです。オーバーすると写真撮影がされないのでご注意ください。

エコノミープランではオプションが使えない

オプションサービスを受けられるのは、スタンダードプランのみです。エコノミープランではオプションサービスが利用できないので、ご注意ください。

エコノミープランでは1点ずつの取り出しができない

スタンダードプランでは1点ずつの取り出しが可能ですが、エコノミープランでは、丸ごと取り出すことしかできません。直近で必要になるかもしれないものと、本当に不要なものは、分けてボックスに詰めておくのが良いでしょう。

ブックスプランは無制限にデータ登録!ただし預ける箱が変われば料金もかかる

ブックスプランはスタンダードプランのように写真撮影の上限がありません。50冊でも100冊でもデータ登録が可能です。

ただし、ブックスプランとして2箱で預けると、プラン2つ分の料金がかかります。

最低保管期間と早期取り出し料金

サマリーポケットでは2ヶ月間の最低保管期間を設けられています。入庫月から翌月末までの取り出しの場合、早期取り出し料金がかかるのでご注意ください。

詳細は以下の例をご覧ください。

ケース1. 入庫初月に取り出した場合

取り出したボックスの「2ヶ月分の月額保管料(早期取り出し料金)と取り出し送料」がかかる

(例)6/1に入庫後、6/25にスタンダードレギュラーボックス1箱取り出した場合

  • 660円(早期取り出し料金)
  • 1,100円 (取り出し送料)

合計=1,760円(税込)

ケース2. 入庫翌月に取り出した場合

取り出したボックスの「1ヶ月分の月額保管料(早期取り出し料金)+ 取り出し送料」がかかる

(例)6/1に入庫後、7/25にスタンダードレギュラーボックス1箱取り出した場合

  • 330円(6月の日割り保管料)
  • 330円(早期取り出し料金)
  • 1,100円 (取り出し送料)

合計1,760円(税込)

ケース3. 入庫翌々月に取り出した場合

早期取り出し料金はかからない

(例)6/1に入庫後、8/1にスタンダードレギュラーボックス1箱取り出した場合

  • 990円(6月初月日割り保管料・7月・8月の保管料)
  • 1,100円(取り出し送料)

合計2,010円(税込)

なお、初月保管料は日割り計算となっています。

  • スタンダードプラン・レギュラー:1箱あたり10.6円/日
  • スタンダードプラン・アパレル:1箱あたり10.6円/日
  • スタンダードプラン・ラージ:1箱あたり19.5円/日
  • エコノミープラン・レギュラー:1箱あたり8.8円/日
  • エコノミープラン・ラージ:1箱あたり15.6円/日
  • ブックスプラン・ブックボックス:1箱あたり14.1円/日

サマリーポケットはおすすめか

サマリーポケットは、トランクルームに比べてボックスごとに預けることができる分、料金も安くすぐに必要のない荷物を預けておくには最適なサービスです。

家の中をスッキリさせたい!

必要だから捨てられないけど、家にあると邪魔!

収納が少なくて、シーズンでない洋服が入り切らない!

などの悩みを抱える人にはうってつけのサービスです。

とはいえ、本当に不要なものをいつまでも預けてしまっては元も子もないので、いつか必要だけど今は不要な荷物を預けたい人はおすすめです。

クーポン情報

サマリーポケット クーポン
引用元:サマリーポケット

今なら1100円分のクーポンがもらえるため、エコノミープラン(レギュラー)の料金が月額275円(税込)なので、最大4ヶ月分の保管料が無料になります。(ただし取り出し料はかかるので、料金は発生します。)

2021/3/28時点のクーポンコードは以下です。

クーポンコード:NEWSMPK

NEWSMPK

※ボックスの取り寄せ時に、こちらのクーポンコードを入力し 
※クーポンコードは初回登録時のみ利用可能
※ポイントは、荷物が倉庫に到着した時点で付与される

新生活応援キャンペーン中

 ✔︎新規登録で1,100円分のポイントもらえる!