【2020年最新】格安SIM会社でデータSIMはどこが最安?

データSIM_最安格安SIM

こんにちは楽マニおじさん(@raku_mani)です

総務省がスマホ料金の値下げに頑張ってたり、ドコモの新料金プランの発表で最近慌ただしいキャリア、格安SIM界隈です。

さて、今回は、音声SIMではなく、データSIMでどこが最安なのか調査しました。調べてみると、1,000円以下の低価格で利用できるSIMが複数あったので、ご紹介します。

特に、

  • スマホを2台持ちしたい
  • 電話はLINE通話がメインで、ほとんど音声通話は必要ない
  • タブレットなどに使用したい

という方に参考なると思います。

この記事を書いた人
楽マニおじさん

はじめまして!サイト管理人の楽マニおじさんです。
格安SIM・楽天経済圏・資産運用などについて、実体験や調査を元に記事にしています。ネットのお得情報、ライフハックなどをTwitterでメモ代わりにつぶやいています。

楽マニおじさんをフォローする

なお、料金についてはすべて税抜金額を記載

データSIMとは

まず、データ専用のSIMは、音声通話ができないデータ通信のみのSIMのことをいいます。

音声通話ができない分、月々の料金が通常の音声通話SIMより500円〜1,000円ほど安いのが特徴です。

なお、物理的なSIMの形が変わるわけではありません。

楽マニおじさん
楽マニおじさん

例えば先日、海外から帰国した友人がまだスマホの契約をしていなくて、WiFiがないと連絡がとれず苦労しました。こんなときLINEだけでもできればラクですよね。

データSIMでできること

スマホでできることほぼ全てができると思ってよいです。

  • chrome(クローム)やsafari(サファリ)などのWebブラウザが使える
  • スマホのアプリが使える(facebook,twitter,instagram,youtube,amazon,kindleなど全部大丈夫)
  • LINEやLINE通話が使える
  • 050のIP電話が使える(携帯電話や固定電話、海外通話も可能、110・119にかけられる)
  • GメールやYahoo!メールのフリーメールが使える
  • SMS(ショートメッセージ)が使える※ただし有料オプションの場合あり
  • SMSが使えることで、SMS認証が使える(SMS認証で使える090・080・070の番号があります)

このとおり、日常生活でスマホを使っていて、支障はほとんどありませんでした。

データSIMでできないこと

とはいえ、データSIMでできないことは確実にあります。

筆者も、楽天モバイルを契約するまでは、LINEモバイルのデータSIM3GBコミュニケーションフリープランを契約していました。

当初は音声通話ができなくても、全く支障ないと思って、データSIMにしました。2台持ちではなく、メインのスマホでデータSIMオンリーです。

データSIMでできないことは、当たり前ではありますが、音声通話になります。

そして、音声通話ができないことによって、できないことは、

  • 電話での認証ができない
  • 050電話(IP電話アプリ)では、フリーダイヤル・ナビダイヤルにかけられないことがある→こちらは一部の050電話(IP電話アプリ)では可能
  • 途中から同じ番号で音声SIMプランに変更できない

この3点です。

電話での認証ができないのは、満足度がマイナス15点くらいです。

例えば、三菱UFJ銀行や三井住友銀行のインターネットバンキングで、ワンタイムパスワードの設定をするときに、設定用番号の電話を受ける必要があります。

その際に、050電話、IP電話だと銀行からの電話を受けることができません。

特に金融系のサービスは、SMSではなく、電話による認証のケースが多かったです。

PayPayやLINE PayなどのQRコード決済サービスと金融機関を紐づけるときに銀行のワンタイムパスワードが必要になったりで、音声通話が必要な場合が稀にありました。

とはいえ、致命的な不満はありませんでした。

ただ、データSIMはMNPによる他社への乗り換えができないため、SMS認証に使っていた番号ごと、変更する必要が出てくるのでご注意ください。

1000円未満で利用できる格安データSIM

それでは、1000円未満で利用できる格安SIMを紹介していきます。

HISモバイル|H.I.S.Mobile株式会社

引用元:HISモバイル
プラン名データ通信専用 ビタッ!プラン
公式サイトHISモバイル
月額基本料金〜100MB:180円
〜2GB:700円

〜5GB:1200円他
SMS利用140円
データ量100MB~30GB
回線NTTドコモ 4GLTE
ソフトバンク 4GLTE
SIMサイズNTTドコモ:マルチカットSIM
ソフトバンク:ナノiPhone・iPad専用
マイクロiPad専用
初期費用3,000円
最低利用期間なし
解約金0円

HISモバイルが低容量から使える数少ない格安SIM会社です。仮に100MBまでの設定だと月額料金が180円ですみます。SMS認証オプションを利用したとしても、320円です。

データ容量は、100MB・2GB・5GB・10GB・15GB・30GBに上限設定をすることができるので、使いすぎる心配はありません。

なお、デフォルトでは30GBに設定されているので、My HISモバイルから設定変更することを忘れずにやりましょう。

HISモバイル|年間料金シミュレーション

データ容量〜100MB〜2GB
月額料金¥180¥700
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥5,160¥11,400
初年度支払額¥6,840¥13,080

100MBだと初年度の支払額で1万円かかりません。

ほとんど使わないけど、いざという時に使えるようにキープしておきたい、というニーズにぴったりです。

HISモバイル|データSIM関連キャンペーン

HISモバイルでは、HISでんきとのダブルの申し込みで電気料金や電話料金が安くなるキャンペーンが実施されています。

引用元:HISでんき

>>HISモバイル

b-mobile|日本通信株式会社

引用元:b-bmobile
プラン名190PadSIM
公式サイトb-mobile
月額基本料金〜100MB:190円
〜1GB:480円
〜3GB:850円

〜6GB:1,450円他
SMS利用130円(ドコモ回線のみ)
データ量100MB~15GB
回線NTTドコモ 4GLTE
ソフトバンク 4GLTE
SIMサイズNTTドコモ:マルチカットSIM
ソフトバンク:ナノiPhone・iPad専用
マイクロiPad専用
※androidはドコモ回線のみ
初期費用3,000円
最低利用期間なし
解約金0円

b-mobileは成果で初めてのMVNO事業者の日本通信が運営している格安SIMサービスです。

回線が比較的早いのが特徴と、従量制で使えるプランがあるのが特徴です。

1000円未満のプランは、100MB、1GB、3GBまでで利用可能です。

b-mobile|年間料金シミュレーション

データ容量〜100MB〜1GB〜2GB
月額料金¥190¥480¥850
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥5,280¥8,760¥13,200
初年度支払額¥6,840¥10,320¥14,760

100MBであれば、初年度でも6,840円。HISモバイルと同様、ほとんど使わないけど、いざという時に使えるようにキープしておきたい、というニーズにぴったりです。

また、1GB、2GBでも月々1000円未満で使えるので、普段使いにも利用可能です。

b-mobile|データSIM関連キャンペーン

現在、データ専用SIMに関するキャンペーンは特に提供されていません。

>>b-mobile

mineo(マイネオ)|株式会社オプテージ

引用元:mineo
プラン名シングルタイプ(データ通信のみ)
公式サイトmineo
月額基本料金500MB:au700円、ドコモ700円、ソフトバンク790円
3GB:au900円、ドコモ900円、ソフトバンク990円
6GB:au1,580円、ドコモ1,580円、ソフトバンク1,670円
SMS利用au無料 、ドコモ 120円、ソフトバンク180円
メールアドレスあり(無料)
5Gオプション200円
データ量〜30GB
回線NTTドコモ 4GLTE
au 4G LTE
ソフトバンク 4G LTE
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
契約事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円
プラン変更手数料契約事務手数料3,000円、カード発行手数料400円
タイプ変更手数料契約事務手数料3,000円、カード発行手数料400円
コース変更手数料契約事務手数料0円
SMS契約変更手数料契約事務手数料3,000円、カード発行手数料400円
SIMカード変更・再発行契約事務手数料2,000円、カード発行手数料400円
名義変更契約譲渡手数料:3,000円
通常解約手数料0円

mineo(マイネオ)は関西電力グループの株式会社オプテージが提供する格安SIMです。

LINEモバイルと同様、au、NTTドコモ、ソフトバンク全ての回線に対応しているのが特徴です。

また、200MBのお試しパックやプリペイド型があります。

データ容量は、ゆずるね、フリータンクなどパケットを譲ることを宣言したり、パケットをシェアしたり、別のユーザーにギフトとして送ったりできます。

他にも、アンバサダー制度があったり、混雑時の通信をセーブして割引になるエココースがあったり、他の格安SIM会社にはない、独特のサービスが多くあります。

なお、ここでは紹介しませんが、最長2ヶ月の200MBお試しコースもあります。

mineo(マイネオ)|年間料金シミュレーション

コース名・プラン名シングルタイプ
A(au)プラン
シングルタイプ
D(NTTドコモ)プラン
シングルタイプ
S(ソフトバンク)プラン
シングルタイプ
A(au)プラン
シングルタイプ
D(NTTドコモ)プラン
シングルタイプ
S(ソフトバンク)プラン
データ容量500MB500MB500MB3GB3GB3GB
月額料金¥700¥700790900900990
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥11,800¥11,800¥12,880¥14,200¥14,200¥15,280
初年度支払額¥11,800¥13,240¥15,040¥14,200¥15,640¥17,440

mineo(マイネオ)|データSIM関連キャンペーン

mineoは家電量販店やAmazonなどから、エントリーパッケージを購入することができます。

エントリーパッケージにあるエントリーコードを入力することで、初回契約事務手数料の3,000円が無料になります。

>>mineo

エキサイトモバイル|エキサイト株式会社

格安SIM・格安スマホ | エキサイトモバイル
プラン名最適料金プラン
公式サイトエキサイトモバイル
月額基本料金低速通信のみ:500円
〜100MB:630円
〜500MB:630円
〜1GB:660円
〜2GB:770円
〜3GB:880円

〜4GB:1,150円
SMS利用140円
データ量100MB~15GB
回線NTTドコモ 4GLTE,3G
au 4GLTE,3G
高速ON/OFFの設定エキサイトモバイルマイページより、高速データ通信のON/OFF設定が可能
低速データの制限3日あたりの低速データ通信量が366MB(300万パケット相当)を超えた場合
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
新規契約手数料3,000円
SIM追加手数料3,000円
SIM再発行
SIMサイズ変更
SIM交換(機能変更)
3,000円
契約プラン変更0円
SIMカード発行手数料394円
最低利用期間なし
解約金0円
プラン名定額プラン
公式サイトエキサイトモバイル(アフィリンク)
月額基本料金0MB:650 円
1GB:670 円
2GB:770 円
3GB:900 円
SMS利用140円
データ量100MB~15GB
回線NTTドコモ 4GLTE,3G
au 4GLTE,3G
高速ON/OFFの設定エキサイトモバイルマイページより、高速データ通信のON/OFF設定が可能
低速データの制限3日あたりの低速データ通信量が366MB(300万パケット相当)を超えた場合
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
新規契約手数料3,000円
SIM追加手数料3,000円
SIM再発行
SIMサイズ変更
SIM交換(機能変更)
3,000円
契約プラン変更0円
SIMカード発行手数料394円
最低利用期間なし
解約金0円

エキサイトモバイルは、検索エンジンやサイトを提供する企業の格安SIM事業です。

最適料金プラン(従量制)と定額プランがあります。

低速200kbpsへの切替もできます。(ただし、低速で使えるデータ量は3日間で366MBまでです。)

月額料金は1GBごとの従量制なので、月額料金を一番簡単に安くできます。また、定額プランでは、余ったデータ容量の繰越ができますが、最適料金プラン(従量制)では、繰越ができません。

エキサイトモバイルでは最大5枚まで発行できる3枚コースを選ぶことができます。

複数枚のSIMカードが必要な場合はお勧めの格安SIM会社になります。

エキサイトモバイル|年間料金シミュレーション

最適料金プラン

データ容量低速通信〜100MB~500MB〜1GB〜2GB〜3GB
月額料金¥500¥630¥630¥630¥770¥880
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥9,000¥10,560¥10,560¥10,920¥12,240¥13,560
初年度支払額¥10,680¥12,240¥12,240¥12,600¥13,920¥15,240

最適料金プランだと、1GBのデータ容量だと、年間支払い額が1万円前後になります。3 GBのデータ容量まで月額料金が1,000円となります。

定額プラン

データ容量0MB〜1GB〜2GB〜3GB
月額料金¥650¥670¥770¥900
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥10,800¥11,040¥12,240¥13,800
初年度支払額¥12,480¥12,720¥13,920¥15,480

定額プランだと、3 GBまでのデータ容量が月額料金1,000円未満で契約することができます。

エキサイトモバイル|データSIM関連キャンペーン

引用元:エキサイトモバイル

実施期間:2020年11月2日(月)12:00 ~ 2021年1月4日(月)11:59

対象:エキサイトモバイルに新規でお申込みをされた方(最適料金プラン、定額プラン)が対象

内容:3,000円のデジタルギフト(デジコ)をプレゼント

>>エキサイトモバイル

FUJI WiFi|株式会社レグルス

FUJI Wifi 公式サイト|モバイルWifiルーター、SIM
プラン名SIMプラン
公式サイトFujiWiFi(アフィリンク)
月額基本料金10GB
SMS利用受信のみ
データ量10GB〜100GB
回線ソフトバンク4G LTE,3G
SIMサイズ標準SIM及びmicro SIM
新規契約手数料3,000円
SIM追加手数料3,000円
SIM再発行
SIMサイズ変更
SIM交換(機能変更)
3,000円
契約プラン変更1500円
最低利用期間なし
解約金0円

FUJI WiFi|年間料金シミュレーション

データ容量10GB
月額料金¥980
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥14,760
初年度支払額¥14,760

FUJI WiFiは、10GBの大容量を月額980円で利用できる珍しい格安SIM会社です。その代わり、SMSオプションはできずSMSは受信しかできません。

FUJI WiFi|データSIM関連キャンペーン

実施期間:2020年12月1日(火) ~ 2021年12月31日(木)

対象:新規申し込みされた方

内容:初期事務手数料無料

>>FUJI WiFi(フジワイファイ)

LIBMO|株式会社TOKAIコミュニケーションズ

引用元:LIBMO
プラン名データ通信専用SIM
公式サイトLIBMO(リブモ)
月額基本料金最大通信速度200Kbps:480円
3GBプラン:880円
6GBプラン:1,480円
SMS利用140円
データ量10GB〜100GB
高速ON/OFFの設定可能
回線NTTドコモ 4G LTE
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
契約事務手数料3,000円
最低利用期間なし
解約金0円

LIBMO|年間料金シミュレーション

データ容量最大通信速度200Kbps〜3GB
月額料金¥480¥880
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥8,760¥13,560
初年度支払額¥10,440¥15,240

LIBMO|データSIM関連キャンペーン

端末購入サポートプログラム

音声通話SIMに関しては、いくつか特典がありますが、1000円未満のデータSIMに関するキャンペーンは見当たりませんでした。

端末購入とセットでデータ専用SIMを契約した場合は、12ヶ月間データ通信利用料から最大200円割引されます。

※公式キャンペーン以外に、価格.comでのキャンペーンでは、3GB、ライトプランの申し込みでは、現金5,000円のキャッシュバックがありましたので、申し込みの際は、価格.comから申し込むのがお得です。

>>LIBMO(リブモ)

IIJmio|株式会社インターネットイニシアティブ

データSIM/SMS機能付きSIM

プラン名従量制プラン(1GB〜)
ミニマムスタートプラン(3GB)
ライトスタートプラン(6GB)
公式サイトIIJmio
月額基本料金1GB〜:480円〜(SMSオプションなし)
3GB:900円
6GB:1,520円
SMS利用140円
データ量データ繰越可能
回線NTTドコモ 4GLTE,3G
au 4G LTE
高速ON/OFFの設定不可
ただし、低速時に初速バーストあり
低速データの制限3日あたりの低速データ通信量が366MB(300万パケット相当)を超えた場合
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
新規契約手数料3,000円
SIM追加手数料400円(最大2枚〜10枚)
最低利用期間なし
解約金0円

eSIM

eSIM(イーシム)とは、通常の物理的なSIMのようにスマホに挿入する必要がなく、ウェブサイトから契約することで、すぐにその場で使えるようになるデジタル的な使用になります。

引用元:IIJmio

eSIMは乗り換えなしで、キャリアと一緒に利用可能です。

ただしSIMロックを解除しておく必要があります。

なお、eSIMに対応可能な、スマートフォン、タブレット/ノートPCはまだまだ限りがあるので、eSIMを契約するときは必ず確認

  • スマートフォン
    • iPhone 12 ※4 ※5
    • iPhone 12 Pro ※4 ※5
    • iPhone 12 Pro Max ※4 ※5
    • iPhone 12 mini ※4 ※5
    • iPhone SE(第2世代)※4
    • iPhone 11 ※4
    • iPhone 11 Pro ※4
    • iPhone 11 Pro Max ※4
    • iPhone XS ※1
    • iPhone XS Max ※1
    • iPhone XR ※1
    • OPPO A73
    • Google Pixel 5
    • Google Pixel 4a (5G)
    • Google Pixel 4a
    • Google Pixel 4
    • Google Pixel 4 XL
    • P40 Pro 5G
    • Rakuten Mini ※7
  • タブレット / ノートPC
    • iPad(第8世代)※1 ※3
    • iPad(第7世代)※1 ※3
    • iPad mini(第5世代)※1 ※3
    • iPad Air(第4世代)※1 ※3
    • iPad Air(第3世代)※1 ※3
    • 11インチiPad Pro(第2世代)※1 ※3
    • 11インチiPad Pro ※1 ※3
    • 12.9インチiPad Pro(第4世代)※1 ※3
    • 12.9インチiPad Pro(第3世代)※1 ※3
    • Surface Pro LTE Advanced ※2
    • Surface Pro X
    • ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE ※6
    • ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE ※6
    • CF-LV9WTYQP
初期費用2021年1月12日まで!キャンペーン中3000  →1 
月額料金150 
追加データ量 1GB300 
追加データ量 2GB〜10GB450 
プロファイル再発行手数料 

IIJmio|年間料金シミュレーション

データSIM

データ容量1GB3GB
月額料金¥480¥900
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥8,760¥13,800
初年度支払額¥10,440¥15,480

データSIMは1GBと3GBのコースを選ぶことができます。

SMSつきだと3GBだと1,040円となり1,000円を超えてきますが、1,000円前後で利用できます。

IIJmio|データSIM関連キャンペーン

  • 新規申し込みの初期費用が3,000円が1円となります
  • 6ヶ月間月額料金が400円割引となります。(従量制プランなら6カ月間月額700円割引)
引用元:iiJmio

>>IIJmio

LinksMate|株式会社LogicLinks

プラン名選べる料金プラン99種類
公式サイトLinksMate
月額基本料金100MB:250円
200MB:300円
500MB:350円
1GB:380円
2GB:660円
3GB:900円
4GB:1,140円
SMS利用120円
カウントフリーオプション500円
データ量〜1TB
回線NTTドコモ 4GLTE,3G
高速ON/OFFの設定不可
カウントフリーオプションで対象ゲームは通信は高速のまま
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
新規契約事務手数料3,000円
SIM発行手数料400円
SIMカード変更事務手数料3,000円
SIMカード追加事務手数料3,000円
SIMカード削除事務手数料3,000円
SIMカード再発行手数料3,000円
SIM追加利用料SMS + データ通信:300円/月額
データ通信のみ:180円/月額
最低利用期間なし

Linksmateは、サーバーエージェント系のゲーム会社Cygamesの子会社です。ゲーマーのための格安SIMを提供しています。特に、モバイルゲームの通信量カウントが90%OFFになるなどのカウントフリーオプションもあり、ゲーム好きにピンポイントに嬉しい特徴を揃えています。

LinksMateなら、グランブルーファンタジー、シャドウバース、プリンセスコネクト、エレメンタルストーリー、釣りスタ、ワールドフリッパーのゲーム内で使える特典が毎月もらえます。

全99種類のプランがあり、最大1TB(テラバイト)までのプランがあります。

また、NTTドコモ回線のなかで、通信速度は速いです。

LinksMate|年間料金シミュレーション

データ容量100MB200MB500MB1GB2GB3GB
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥6,400¥7,000¥7,600¥7,960¥11,320¥14,200
初年度支払額¥7,840¥8,440¥9,040¥9,400¥12,760¥15,640
初年度支払額
(カウントフリーオプション)
¥13,840¥14,440¥15,040¥15,400¥18,760¥21,640

LinksMateも従量制のプランになっていますので、最低料金で使うときだけ、設定を変更するなどできます。たまにゲームをするけど、容量が心配という方は良いかもしれません。

がっつりゲームをするのであれば、データ容量も大きいプランでカウントフリーもつけるので、1000円未満で契約は難しいといえるでしょう。

LinksMate|データSIM関連キャンペーン

LinksMateはあまりキャンペーンをやっていませんが、秋の大感謝キャンペーンを実施中です。

と言っても、12月7日までです。。。

とはいえ、申し込み費用が0円になるので大きいですね。

キャンペーン期間:〜2020年12月7日(月)23:59に新規ご契約

申し込み前にキャンペーンページからの申し込み開始が必要

#

>>LinksMate

OCNモバイルONE|NTTコミュニケーションズ

引用元:OCNモバイルONE
プラン名SIMカード(プラン名なし)
公式サイトLINEモバイル
月額基本料金3GB:880円
6GB:1,380円
SMS利用120円
データ量データ繰越可能
回線NTTドコモ 4GLTE,3G
高速ON/OFFの設定可能(バースト転送機能あり)
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
初期手数料3,000円
SIMカード手手配料394円
SIM変更手数料音声SIM:3,000円
SMS対応SIM:1,800円
データ通信専用SIM:1,800円
最低利用期間なし

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営している格安SIM事業です。

回線速度が早く、スマホセット割がお得で端末セットで買うならおすすめです。

OCNモバイルONE|年間料金シミュレーション

データ容量3GB6GB
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥13,954¥19,954
初年度支払額¥15,394¥21,394

3GBで月額1,000円(SMS込み)なので、ギリギリ1,000円以下となっています。

SMSをなくせば880円なので、1,000円未満で使えます。

基本的に、キャンペーンも端末込みでのキャンペーンが多いので、データSIMのみの申し込みはそれほど旨味がないですね。

OCNモバイルONE|データSIM関連キャンペーン

OCNモバイルのキャンペーンはスマホセットがお得です。

また、OCNモバイルONEはスマホセットでお試し「30日間トライアルキャンペーン」を実施しています。また、OCN光との抱き合わせ契約によって、さらに月々の使用料が200円割引されます。

端末端末価格
AQUOS sense4¥18,000
OPPO A73¥13,000
moto g PRO¥14,000
moto g9 play¥6,500
ZenFone 7 Pro¥76,800
ZenFone 7¥62,600
Xperia 10 Ⅱ¥27,800
TCL 10 Lite¥1,500
OPPO Reno3 A¥12,300
Redmi Note 9S 6GB/128GB¥10,200
Redmi Note 9S 4GB/64GB¥200
Mi Note 10 Lite¥12,300
TCL 10 Pro¥19,500
moto g8¥1
moto g8 power¥1,600
moto g8 plus¥7,800
AQUOS sense3 plus SH-M11¥22,300
AQUOS sense3 SH-M12¥5,000
OPPO A5 2020¥1
OPPO Reno A¥5,300
ZenFone Max(M2)4GB/64GB¥1
楽マニおじさん
楽マニおじさん

実は、先日母親にOCNモバイルONEのスマホセットでXiaomiのRedmi Note9S 4GN/64GBを購入しました。まだ届いていないですが、楽しみです。

ちなみに上の表で200円の端末です。

>>OCN モバイル ONE

LINEモバイル|LINEモバイル株式会社

引用元:LINEモバイル
プラン名ベーシックプラン
公式サイトLINEモバイル
月額基本料金〜500MB:600円〜
3GB:980円
6GB:1,700円
SMS利用0円
データフリーオプションLINEデータフリー:0円
SNSデータフリー:280円(3GB以上)
SNS音楽データフリー:480円(3GB以上)
データ量データ繰越可能
回線NTTドコモ 4GLTE,3G
au 4G LTE
ソフトバンク 4G LTE
高速ON/OFFの設定不可
SIMサイズ標準SIM
microSIM
nanoSIM
ウェブ登録事務手数料3,000円
SIMカード発行手数料400円
SIMサイズ変更手数料3,000円
回線変更手数料3,000円(ただし音声SIMのみ)
最低利用期間なし
契約事務手数料1,000円

LINEモバイルは格安SIM会社の中でも比較的シェアが多い格安SIM会社です。

特徴としては、LINEでのやりとりにデータ容量を消費しなかったり、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムのようなSNSのデータ消費を0にするデータフリーオプションを用意しています。

事務手数料を割と細かく取ってきます。

ただ、格安SIM会社の中では、規模が安定していて、LINEという安心感があります。

回線でいうと、NTTドコモとauの回線は遅く、ソフトバンク回線が割と速いと評判のため、通信速度が気になる方は、ソフトバンク回線で契約するとよいでしょう。

また、友達とLINE内でギガを分けあえる珍しいサービスを提供しています。

LINEモバイル|年間料金シミュレーション

データ容量〜500MB3GB3GB
初期費用¥3,400¥3,400¥3,400
月額料金¥600¥980¥1,260
SMSオプション¥0¥0¥0
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥10,600¥15,160¥18,520
初年度支払額¥10,600¥15,160¥18,520

最安値プランだと初年度支払額が1万200円で500MB使用できます。

3 GBのプランだと初年度支払額が15,000円前後までかかってくるので、他の格安SIM会社に比べるとやや高くなります。ただし、LINEが無料になるのと、データフリーをつければツイッター・フェイスブックのデータ使用が0になるので、実際はもっと容量を使用することができます。

LINEモバイル|データSIM関連キャンペーン

引用元:LINEモバイル

通常月額600円のベーシックプラン(データSIM(SMS付き)・500MB)を、キャンペーン期間中に契約すると、値段変わらずでデータ容量が約2倍の1,012MB(約1GB)になります。

>>LINEモバイル

BIGLOBEモバイル|ビッグローブ株式会社

BIGLOBEロゴデータ ダウンロードページ | ビッグローブ株式会社
プラン名データSIM(タイプA、タイプD)
公式サイトBIGLOBE SIM
月額基本料金1GB:-
3GB:900円
6GB:1,450円
SMS利用120円
メールアドレスあり(無料)
データ量1GB~30GB
回線NTTドコモ 4GLTE
au 4G LTE
SIMサイズ“標準SIM
microSIM
nanoSIM”
プラン申込手数料3,000円
SIMカード準備料394円
最低利用期間なし
解約金0円

BIGLOBEモバイルも、b-mobileの日本通信と並んでMVNOの老舗です。

筆者も、2014年〜2017年頃までお世話になりました。

シェアSIMや家族割ができます。

また、エンタメフリーオプションは、youtubeやspotify、apple musicのデータカウントを0にしてくれます。

BIGLOBEモバイル|年間料金シミュレーション

コース名・プラン名データSIM
タイプA
データSIM
タイプD
データ容量3GB3GB
月額料金¥900¥900
初年度支払額
(SMSオプションなし)
¥14,200¥14,200
初年度支払額
(SMSオプションあり)
¥15,640

BIGLOBEモバイル|データSIM関連キャンペーン

光☆SIMセット割 ビッグローブ光 BIGLOBEモバイル 一緒に使えば、ず~っと最大300円/月割引 ※一部プランを除く

ビッグローブ光とのセット契約で、基本料金が300円割引されます。

ビッグローブ光のキャッシュバックを利用して、最大で69,000円お得になるキャンペーンがやっています。

また、Amazonなどで販売されているエントリーパッケージを利用することで、初回の契約手数料を無料にすることができます。

>>BIGLOBE SIM

選ぶポイント

とにかく最安運用ならHISモバイルかb-mobile

100MBで最低データ容量で利用するなら、HISモバイルb-mobileです。

SMS利用しても月額300円台で利用することができます。

従量制で安い分、3,000円の初期費用が安くなるキャンペーンを探しましたが見つかりませんでした。

普段使いで2GB〜3GBを利用したい場合

3GB以内の利用をする場合は、LinksMateエキサイトモバイルエキサイトモバイルLIBMO(リブモ)LINEモバイルOCN モバイル ONEあたりがオススメです。スマホとの端末セットだとOCNモバイルONEで、それ以外だとその時々のキャンペーンに合わせて契約するとよいでしょう。

サービス名プラン名データ容量初期費用月額料金SMSオプション初年度支払額
(SMSオプションなし)
初年度支払額年間支払額
(SMSオプションなし)
年間支払額
LinksMate〜2GB¥3,400¥660¥120¥11,320¥12,760¥7,920¥9,360
HISモバイルデータ通信専用 ビタッ!プラン〜2GB¥3,000¥700¥140¥11,400¥13,080¥8,400¥10,080
エキサイトモバイル最適料金プラン〜2GB¥3,000¥770¥140¥12,240¥13,920¥9,240¥10,920
エキサイトモバイル定額プラン〜2GB¥3,000¥770¥140¥12,240¥13,920¥9,240¥10,920
b-mobile190PadSIM〜2GB¥3,000¥850¥130¥13,200¥14,760¥10,200¥11,760
LINEモバイルベーシックプラン〜3GB¥3,400¥980¥0¥15,160¥15,160¥11,760¥11,760
エキサイトモバイル最適料金プラン〜3GB¥3,000¥880¥140¥13,560¥15,240¥10,560¥12,240
LIBMOデータ通信専用+SIM〜3GB¥3,000¥880¥140¥13,560¥15,240¥10,560¥12,240
OCNモバイルONE〜3GB¥3,394¥880¥120¥13,954¥15,394¥10,560¥12,000
エキサイトモバイル定額プラン〜3GB¥3,000¥900¥140¥13,800¥15,480¥10,800¥12,480
IIJmio〜3GB¥3,000¥900¥140¥13,800¥15,480¥10,800¥12,480
LinksMate〜3GB¥3,400¥900¥120¥14,200¥15,640¥10,800¥12,240

迷ったら、以下の3つから選ぶのがおすすめです。

注意点

データSIMでの契約の注意点を最後に挙げておきます。

  • 音声認証ができない
  • 110,199などの電話ができない
  • 電話番号がないのでMNPで他社に乗り換えることができない

また、契約前には必ず、契約しようとしているサービスの対応端末を確認しておきましょう。

以上、【2020年最新】格安SIM会社でデータSIMはどこが最安?を解説しました。

楽マニおじさん(@raku_mani)でした!

 

タイトルとURLをコピーしました